投資商品同士の比較というより俯瞰した視点を持つ

バイナリーオプション自体がおすすめできない以上、おすすめ業者というものも存在しませんし、徹底比較することにもあまり意味がありません。バイナリーオプションにおける徹底比較は、バイナリーオプションとそれ以外の投資商品の徹底比較をし、バイナリーオプションの欠点を認識するときにはじめて意味を持つでしょう。

バイナリーオプションは、バイナリーオプション業者だけが勝利するシステムになっているので、そもそも「おすすめ業者」というもの自体がありません。
ですが、それを踏まえたうえで、仮に「おすすめ業者」というものがあるとして、それを提示するならば、バイナリーオプションのおすすめ業者は、海外業者ならハイローオーストラリアの名前を挙げることができるのですし、海外業者よりは国内業者をオススメすることはできるかもしれません。

海外業者も国内業者も答えが出てるので比較するまでもない

おすすめ業者というものがまず存在しない以上、徹底比較という行為自体にもそれほど意味はないのですが、もし海外業者を徹底比較するのであれば「詐欺業者であるかどうか」だけを見ればよいのですし、国内業者に関しては「金融庁に登録されているかどうか」を見るだけでよいでしょう。
その比較は、およそ徹底比較と呼ぶほどの徹底性は必要ありません。なぜなら、海外業者に関してはすでにハイローオーストラリアという答えが出ているのですし、国内業者というのはたいていの場合において金融庁に登録されているからです。

バイナリーオプションと他の投資商品を徹底比較する

バイナリーオプションというそもそもオススメできない投資商品に関して、もし徹底比較をするというのであれば、バイナリーオプション同士の徹底比較ではなく、バイナリーオプションとそれ以外の投資商品との徹底比較をしたほうがよいでしょう。
投資商品としてのバイナリーオプションの致命的な欠点は、他の投資商品との徹底比較によってすぐに明らかになることなので、その意味において、この徹底比較には多少なり意味があるということができます。
http://www.xn--eckm6i4a8579dce1b.com