旦那持ちの女性だけが人妻と呼ばれる資格がある

現役の既婚女性であるということが人妻の魅力であり、不倫関係というのは厳密にいうと現役の既婚女性を相手にしてのみ形成することができるものです。

未亡人やバツイチ女性なども既婚女性ではありますが現役の既婚女性ではないという一点で人妻と呼ぶことは阻まれます。
人妻というテーマを厳密にして不倫セックスの快楽を強めていきましょう。

人妻の魅力というのは、「自分以外の男性と結婚生活を送っている既婚女性である」という一点に尽きるでしょう。
人妻マニアの男性が不倫関係を築きたいと考えているならば、既婚女性を相手に性交渉をしかけていく必要があります。

未亡人とバツイチ女性は既婚女性だが人妻ではない

しかし、「既婚女性」とはいっても、相手が「現役の既婚女性」ではなかった場合、その既婚女性を「人妻」と呼ぶことはできませんし、不倫関係を形成することもできないでしょう。
既婚女性か未婚女性かを決めるのは「結婚の経験の有無」によって左右されるのであって、「既婚」という言葉には「有配偶」「死別」「離別」も含まれます。
未亡人やバツイチの女性は、分類でいうと「既婚女性」ということになるのですが、「現役の既婚女性」ではありません。

不倫関係による性的快楽を強めるためには厳密さが必要

人妻マニアのなかには「現役かどうか」を考慮から外す男性もいますが、やはり不倫関係・人妻の魅力というものに真剣に向き合い、最高の不倫セックスを楽しみたいのであれば、「現役の既婚女性」以外の「既婚女性」を「人妻」ということにするのは、はっきりいって妥協でしかありません。
ある限定された対象を相手にするセックスは、制約を厳しくすればするほどにその快楽を強めていくという性質を持っています。
「現役ではない既婚女性」を人妻と認識し、不倫関係と呼ぶのは、不倫セックスの快楽を弱める「逃げ」の選択であると言わざるをえないでしょう。
https://tel-avocat.com